読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不安と焦りを吹っ飛ばせ!

このままだけは、避けたい!

マイコプラズマとRSウィルス

f:id:ukilucky34:20151217130709j:plain

 

 

お疲れ様です。

 

先日書いたときに、マイコプラズマって単語が出たので、

そのときのことを思い出したので、書いておこうと思います。

 

 

 

あれはー・・・

夏もそろそろ終わるなーって頃でした。

寝ているときの子供の呼吸が、ん?と何か違和感を感じる夜でした。

翌朝には発熱。鼻水なし、咳あり。

咳がけっこう出ていたのと、小児科がお休みの日だったので耳鼻科へ。

うーん。と、言われつつ、先生には様子見ましょうと。抗生剤を処方され帰宅。

その後、熱がみるみる上がってきたので、けいれん予防の座薬を使用。

 

翌日、熱は相変わらず高く、40度行ってしまったので、

小児科へ。

処方された薬をみて、もう少し強いものにしましょう。

また、様子を教えてくださいと、薬をもらい帰宅。

 

抗生剤を二日飲んでも、一向に快方に向かう様子なく、翌日も40度。

小児科に電話すると、今から来てくださいとのこと、

寝んねー、ママ〜と、泣く子供を抱え来院。

血液検査をしました。

結果は、午後になるので電話して欲しいと言われ、帰宅。

午後電話すると、結果は問題がないので、今日は様子をみましょうとのこと・・・

でも、41度行っちゃったよ・・・これ、どうなるの?

 

だんだんと弱っていく子供。最初のうちは、おかゆやゼリーを食べてくれていましたが、この日からは要らないと・・・

 

翌日も40度。もう、私も泣きそう。

小児科に連れて行くと、紹介状を書くから、大きな病院に行って欲しいと言われる。しかも、ありがたいことに、そこの病院へ予約の電話まで先生がしてくださった。

そのお陰か、今から来てくださいとのことで、夫にも協力してもらい車で病院へ。

 

ちょっと頼りなさそうな先生がその日の担当医でした。

(なんか、ドラマに出てきそうな見た目頼りないけど、メチャクチャできる!みたいな先生でした(笑))

1歳を過ぎてからだと有料になるんだけど、ちょっと検査してもいいかと聞かれ、

よろしくお願いします!と、頼みました。

子供採血へ・・・・

 

しばらくすると、

 

個室へ移されました。

 

結果は、

 

「RSウイルス」と「マイコプラズマ」のダブルパンチでした。

 

(;_;)

 

先生「入院してもらってもいい病気なんだけど、ベッドが一杯で・・・水分も薬も飲めてるし、ちょっと苦しそうだけど、1歳すぎてるし、もう少しで2歳かー・・・家で頑張れますか?多分、週末(このとき確か、火曜日だった。。。)か、週明けには良くなると思います。」と、言われ、

 

家で頑張ります!!!!!!!と、私即答!

 

入院したら24時間体制で付きっ切りだっていうので・・・・

残酷な母ではありますが、仕事がありんす。(あー、もう、ほんっっとに嫌だこんな私)それは、避けねば。。。。と、思ってしまった。

 

そんなわけで、

息苦しそうな子供を、車に乗せ、ギリ通勤圏内にある私の実家へ・・・・

ごめんね、ごめんね・・・

なんとか、その週は二日だけ仕事しました。

 

その後、日曜日の夜には、熱が下がり、月曜日には平熱に。

ほとんど食事をしな日が続いてしまったので、ほっそりとしてしまって。。。。

胸が痛みました。

それでも、笑顔が戻ってきてくれて、本当に安心しました。

 

子供は、笑ってくれるときは大丈夫。と、本で読んだので。

 

 

 

さてさて・・・・・

 

マイコプラズマとRSのダブルパンチを食らった、うちの子・・・・

朝は40度、昼に41度、夜は39度という日が続きました。

なんと、8日間も。。。。

 

「発熱 子供 最長」なんて検索しても6日とかしか出てこなくて、

すっごい不安でした。

うちの子大丈夫かと・・・

 

でも、大丈夫でした!

 

ここにいますよー!8日間発熱した子!

 

病院、メチャクチャ行きました!

先生も、その都度しっかり対応してくださいました。ありがとうございました。

 

久しぶりに保育園に登園した、うちの子に先生は全員

「小さくなっちゃってぇーーーー」と、声をかけていました(涙)

 

不思議なことに、というか、うちの子らしいというか・・・

保育園でこんな事になったのは、うちだけでした。

誰にもご迷惑をおかけする事なく済みました。

 

その後、食欲も戻り、無事に2歳になりましたとさ。

 

 

子供の発熱、

不安がいっぱいだと思います!

こんなことで、病院行っていいのかな?とか、おもっちゃうお母さん、

いらっしゃると思いますが、

行って良いんですよ!

大丈夫!

だって、不安だもん!

 

頑張りましょう!

 

ではまた!