不安と焦りを吹っ飛ばせ!

このままだけは、避けたい!

クループ症候群

お疲れ様です。

 

子供の鼻水と咳が、治ったと思えば、再発してー・・・治ったと思えば再発してー・・・を繰り返すこの時期。保育園でも風邪のおすそ分け大会ですしね。

それでも、昨年は毎週毎週末耳鼻科に行っていたのが、今年は2週に一回程度。強くなってきていると、信じているわけですが・・・

 

昨年、聞きなれない病気になったので、その時のことを・・・

 

 

クループ症候群ってご存知でしょうか?

私の周りでは、保育園の先生方含め、知っている人はいませんでした。

 

クループ症候群とは?的な、難しいお話は下記にお任せするとして・・・

allabout.co.jp

 

リンクを始めてしてみました・・・これで良いのかしら?

リンクって勝手にして良いのか・・・迷う。超小心者です。

 

 

我が家の場合は、最初は鼻水スタートで、しばらくして咳が始まり。。。

なんだかすっごい乾いた苦しそうな咳をするな・・・変だな・・・と、思っていつも見て頂いてる耳鼻科に行きました。

ここで、文字では表現しずらい咳です。ごほっでも、げほっでもなくて、とにかく乾いて、咳き込むたびに喉が痛そうな咳でした。

 

診察の際に、「咳が酷くて・・・」と、診てもらうと、

タイミングよく子供が咳き込みました。

 

先生はすぐに、これはクループだね。と、鼻からカメラを突っ込みΣ(・□・;)

子供もびっくり!泣く・・・

 

「あー腫れてるね・・・今晩が山です。今晩これ以上酷くならなければ、大丈夫ですが、酷くなるようなら入院です。今日は、強い薬を吸入していきます。それからそれ用の薬も処方しますから、飲ませてください。注意してみていてくださいね、急変したら、夜間でも救急にいってください。」

 

と、言われました。

 

 

びっくり・・・

そんな大変な病気になっているなんて想像もしていなくて。

 

どの状態まで回復したら保育園に行けるかを聞いて、

(子供が苦しそうなのに、そんな事を聞く自分がほんっっとに嫌いです。でも、仕方ない・・・辛い)

咳が落ち着いてきて、一度診せに来てもらえれば、それからは大丈夫かな?とのこと・・・

 

それから、なんとか吸入を終えて、帰宅。

スマホで色々検索してみると、あまり泣かせないようにして、

喉を休ませてと書いてあるわけですが、

泣くわけで・・・・

とにかく、夜。今晩を穏やかに過ごせれば!と。

願っていました。

 

吸入の薬が効いたのか、ちゃんと処方された薬を飲んでくれたのが良かったのか、翌朝にはたんの絡んだような湿った咳になり、入院にはならずに、無事に快方へ向かってくれました。

 

我が家が利用している小児科さんには、吸入器や鼻水を吸う機械がありません。

なので、鼻水や咳が酷い時には耳鼻科に行っています。

そうすることで、中耳炎も毎回チェックしてもらえています。

この時も、鼻からカメラにはびっくりしたけど、それくらいしっかりとみてもらえて、対応してもらえて、本当に良かったんだな・・・と、思いました。

 

 

その後、しばらくは、喉が痛かったのか・・・・食事が大変だったようなー・・・記憶があるなー・・・

 

なんだか、子供ができてから、知らないわからない事に出会ってばかりで、慌ててばかりでした。

でも、こうしてその体験をブログに書く事で、新米ママさんたちの、不安をすこしでも、ちょっとでも、和らげてあげられたらなぁーなんて、思います。

 

これから、ウィルスやら細菌が猛威をふるって来る季節に突入ですね、立ち向かいましょう!なんとか!

 

最近、我が家は2歳になってからマスクデビューさせてみました。

嫌がるかなー・・と、思ったけど気に入ってくれたみたいで、

取る事はしませんでした。人が多いところに行く際には、この冬はつけさせてようと思います。

 

 

ではでは、また。